マニアックな趣味BLOG

漫画とゲームなしで生きられないタブルさんの日記<心の叫び>*:..。o○☆゚・:,。*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とりかえ・ばや55話感想(月刊flowers3月号)

先月号の感想は結局挙げられずじまいで申し訳ありません!

今回はどうしてもアップしたくて徒然と書いてしまいましたww

今号は土曜日発売という事でこちらでの入荷は月曜日でした……ようやく堪能して落ち着きました!(^q^)←

とても長くなると思いますのでご注意下さい。

また今回も妄想が込み入っておりますので、こちらにもご注意くださいませ!w
































































今月号は帝がああああああああ盛りだくさんでとっても大満足でした!!!!!


とくに寝床で思い悩む帝のポーズは魅惑のポーズといいますかっっっ(絶句)

なんでしょう、あれ!!!!!(帝をアレ呼ばわりスミマセンw)

そして尚侍が男でも想い続ける事が出来るのだろうか…ってwwwwwwまさかのそっち展開wwww

私はてっきり沙羅が熱で寝込んでいる時に押し倒したので、胸の感触も確認済なのかと思っておりました。

むにってならなかったのでしょうか?←素朴な疑問

いや、そのまま続きをしようとは思っていなかったのかもしれませんが

仮にも押し倒して迫っている身で胸の感触まで気にしていなかったというのは解せません(何の話)

上様のピュアさ加減に驚くと共に素敵だなぁーーと惚れ惚れしますね!!

すくすくし心柄だからこそ、男でも…なんて悩んでしまうのですね…式部卿みたいに割り切って考える事も出来ず。

ああ、素敵。本当に素敵だーー早く沙羅と結ばれてほしい。


今号は上様がひたすら思い悩むだけで終わってしまいましたがw

いつもは上様が沙羅をからかってニヤニヤしているのに今回は沙羅が魔性呼ばわりwwwどんだけ惹かれておるのやらwwww(´∀`)

沙羅は天然なのでまさに魔性というわけですね。

天然ほど手に負えないものはない。


最後の梅壺の闇落ちがゾクゾクしますね!!!!!

それについては52話感想で述べた通りでした^^

銀覚についてもその時に書いておりますが、やはりあのまま終わるわけありませんでしたね~~そして梅壺はやはり沙羅を呪っていた模様。

あれについても伏線がありましたもんね。

先生は無駄な伏線は張らないと思うので、「ん?」って思うような言動があればちゃんと拾って進むような展開になるのだなとしみじみ感じました。

今回の梅壺の闇落ちによって沙羅は窮地に立たされるのだろうと予想されますが

私としては梅壺の方が心配と言いますか…彼女の方が最終的には失墜するだろうから何やら複雑です。

あの銀覚からの手紙は失墜への決定的な証拠になってしまいますね。

対外的には沙羅の入れ替わりを証明出来なければ

帝を呪った坊主と通じて、その言葉を信じて沙羅を貶めようとしたって事になってしまうだろうし梅壺の方がかなり不利なのではと思います。

睡蓮の肩に傷があるかどうかにもよりますが……

睡蓮を近々呼び戻すと言っていたのも気になります。

53話感想で述べていますが睡蓮を戻す為に東宮様と睡蓮のお話を片付けたと思っているので

睡蓮は次号あたりに戻ってくるのかな?なーんて感じております。


睡蓮が戻ってくるのは心強い反面

睡蓮を問い詰められたら、沙羅が右大将だった時の事を右大将として事細かに話せないだろうし……

帝は入れ替わりの事を沙羅には聞けないだろうし(聞いても話さないと思っている)、左大臣も口を割らないと思っていると思うので

睡蓮に聞くのでは、と踏んでいます。

宮中に戻してから。

自分と沙羅しか知らない話(呪いの話や季節外れの桜を賜った話etc……)をしたら一発でバレますよね。

今までは疑ってなかったからそんな話もしなかったんだろうけど

疑っている状態で睡蓮が右大将として戻ってきたら

今回は間違いなくそういう話をしてボロを出させるだろうな、と。

そうすれば帝には簡単に入れ替わりがバレてしまいますねーーどうするんだろ。

いつ睡蓮が帰ってくるかにもよりますががが。

沙羅は親王に里下がりをすると言っていたのも密かに気になっていて……

その事も今後に関わってくるのかも、なんて思ったり。

今号の事で東宮様が何かを感じ沙羅に、入れ替わりがバレつつある、と文を送ってきそうだなーなんて。

上様と沙羅がくっつくには

何度もしつこく言いますがもう一押し二押し必要なんだなとつくづく感じました。

だって上様ったら……………まだ、帝として許してはいけないのではないか?とか言ってるんだものおおおおおおお

沙羅を永遠に失う事になっても良いの!?と言いたい。

沙羅にも。

二人ともまだ己の情熱に蓋をしていますね。



私の勝手な妄想ですが


上様が入れ替わりに気付き、たとえ沙羅を許したとしても

沙羅は己を許さないのではないかと思います。
里下がりを申し出て去ろうとする。
何とか沙羅を説得しようとするも叶わず宮中を去る決意をする沙羅を銀覚の手の者が沙羅を連れ去り、そこには梅壺と銀覚が待ち構えていて……沙羅の行方不明を知った上様が色々と深く後悔……………

ってな感じで命の危機に直面してようやく自分の気持ちに素直になる沙羅と上様を妄想しました(^q^)←

それか沙羅と結ばれる為に、親王を東宮にしちゃって上様は近々退位するとかやってくれたら感動しちゃうなー

帝であるが故に立場をとっぱらえない。

東宮様のように愛の為に立場を放棄してもいいくらいの情熱を見せてくれたら惚れ惚れしちゃうなと……沙羅が命の危機に直面したらそのくらいしそうだけども。

いずれにしても銀覚はこのまま島流しで大人しくしているような輩ではないと思いますので

これからまた出てくるのだろうな、と感じました。

梅壺と一緒に。

今回の梅壺に文を持って来た美僧って鞍馬寺で対応した美しい僧でしょうかね?

その僧がラスボスでも面白いですけど。

銀覚の息子とか?

しつこいようですが幼い頃、鞍馬詣の際に沙羅と睡蓮を連れ去ろうとした天狗は銀覚だと思っている私です。

あの天狗はいつ出てくるんだろう?あの天狗は実在してますよね。

あの出来事が呪いの元凶だとしたら、(私が勝手に天狗と同一人物と思っている)銀覚を葬り去ったら入れ替わりの呪いが解ける、っていうのも筋が通るような。

梅壺は失脚しても銀覚は葬り去らねば危機は脱しないと思うので……銀覚は崖から落ちるとかそんな展開なのかな?なーんて妄想しております。

ハーレクイン的wな展開が待っていそうです(^q^)←


私は最終的に子供を身ごもった事も自ら話すのではと思っているのです。

沙羅にとっては本当に本当に辛いお話で……………ただ入れ替わっていた、というなら許すわけにはいかないと思うだろうけど

沙羅の身に起こった事を知ったら


そなたは十分に罰を受けている。もうよい。


と思ってくれないかなと………

相手が石蕗って事も密かに上様にだけバレてほしい←

嫉妬と怒りで荒れ狂う上様を見てみたいというただの興味ですががが。

沙羅がそれを明かさないのって本当に話したくない出来事なのは間違いないのだろうけど

多分それを言う事によって、四の姫と子供達の幸せを壊してしまうから、というのが一番大きな理由だと思うんですよね。

今度こそまことの花を………と願ってやまない姫と子供達の幸せですから。

考えただけで切なし。


ハーレクイン的な展開wだと、バージンじゃないのは男性はすぐ分かってしまいますし。

今号の上様のすくすくし心柄を考えると、この出来事を話さないで通過は出来ないのではないか、と感じております。

睡蓮がボロを出すように誘導され、上様に二人が呼び出される。
沙羅は覚悟を決め、上様に入れ替わりの秘密をバラす時に自分は清らかではない遊女だと散々自分を貶めるような事を言い上様に嫌われるように仕向ける、とか。

まさにハーレクイン的(^q^)

上様が吉野宮と話した時に言ってましたもんね、自分を自ら悪く言う人間に悪い者はいない、って。

沙羅が去った後に睡蓮が当時の出来事のフォローを入れても面白いです。

睡蓮が、入水しようとした沙羅を救ったわけですし………………一番辛い気持ちを分かっているからこそ。

でも上様はこの出来事を聞いたら後悔するだろうな…今は知りたい気持ちでいっぱいな描写でしたが。

その気持ちを抑えられず沙羅の最も深くて辛い心の傷をこじ開けてしまったとしたら。

チラチラと自分の子供を想って切なくなっている沙羅の描写は

その心の傷をこじ開けねばならない展開がくるのでは、とずっと悶々していたのでした……読む方も辛いですけどね。


ああああああ妄想が止まりませんっっっ

そろそろ黙らないととんでもない妄想を展開しそうなので自重しておきますww


ここまで読んで下さってありがとうございました!




ではまた次号……☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..









ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

スポンサーサイト
[ 2017/01/31 12:18 ] とりかえ・ばや(本誌)感想 | TB(-) | CM(0)

とりかえ・ばや53話感想(月刊flowers1月号)

今回は非常ーーに遅れてしまいました!><

今月は本当にお仕事が忙し過ぎた……


今月号は色んな意味で予想を覆されましたが………大大大満足!!!!


というわけでさっそく感想を述べていきたいと思います。

例のごとく長文、妄想爆発しておりますのでご注意ください!


















うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁついに!!!!ついに!!!!!!!!

この日がやって参りました!!!!!!;;;;;

叫ばずにはいられません…………泣かずにはいられませんて…………;;;;;;;;

前に右大将が都を離れた時に東宮様が

笑顔で右大将と会える日まで泣かぬ

と言っていた時を思い出し…………

本当に頑張ってきたなぁとか

この日を夢見て生きてきた東宮様を思うと涙不可避。

号泣しました…………本当に良かったよぉぉぉぉぉぉぉぉ

失礼かもしれませんが

東宮やめて良かったねって思っちゃいましたすみません^^;

東宮やめてなかったら睡蓮と再会は出来ても男女の関係にはなれなかったわけですし。

朱雀院様が見ておれぬと、東宮廃位を言ったのも東宮様の女子としての幸せを想うが故ですし。

女子としての幸せを手に入れる事が出来て感無量です!!!!!!

2人の名前も"光"同士で運命の人だったわけですしおすし。


もっとラブシーンがあってもいいのよ!って思いもなきにしもあらずですがw

そこは睡蓮と東宮様なので清い2人でいい感じもします(^q^)


三の姫と吉野宮も良い感じですね!!!!

宮様は三の姫が危なっかしくて側を離れられない感じですねwww

いいぞもっとやれ(^q^)←

宮と三の姫がハーレクインコミックスに出てくる主人公とヒロインみたいでこの2人のやり取りをもう少し見たい感じもしますww

でも本編ではやらない気もしなくもない。

2人の物語は沙羅と帝が終わってから番外編で描かれても良い感じがしますね~

コミックス最終巻に収録、とかで。



今回沙羅と上様の出番はありませんでしたが

多分これから宮中で一悶着あるのではと勘ぐっております。

というのも睡蓮達の方を先に纏めたっていう事が一番の要因かなと思いまして。

多分睡蓮達はこれから宮中に戻ってこなくてはならなくなるのではと踏んでるんですよね。

沙羅が窮地に立たされる出来事が出てきて

睡蓮の力が必要になるのでは、と。

沙羅のピンチに颯爽と登場する睡蓮ですね分かります。

そこでの手柄によって睡蓮が華麗に返り咲くというシナリオが勝手に妄想で出来上がってしまっていてすみません(^q^)←

そうじゃないと銀覚の事は内密になってしまったし睡蓮の苦労が報われませんもん!

そして睡蓮と東宮様のようなドラマチックな展開になるには

もう一押し二押しくらいのハプニングや事件が沙羅と上様には必要なんだろうなって感じています。

そこを乗り越えたからこそ幸せが爆発するわけですし先生も以前にそんな事を言っていましたので…

何が起きるかは分かりませんが

楽しみにしませう。


ではでは今回も乱文長文失礼致しました!

ここまで読んで下さってありがとうございます^///^



ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

素敵な彼氏 第11話感想 (別冊マーガレット12月号)

前回は感想書けませんでしたが………今回は心の叫びを書かずにはいられません!(はた迷惑)

というわけで感想を書かせていただきたいと思います。

いつもの如く内容というよりは心の叫びや妄想になりますのでご注意ください。

そして物凄い長文ですw



















うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ桐山くーーーーん!!!!!!!!!!


そこ納得しちゃダメじゃない!?!?

桐山くんの経験豊富な大人な部分は良いところでもあるけど

こんなところで裏目に出るとはぁぁぁぁぁぁぁぁ……………………………

ののかが覚悟決めて桐山くんに走って行った時は本当に胸熱でページめくっていたんだけど


まさかの元許嫁登場にののかは告白しませんて………………………………


魂飛んだわ!!!!!!!!予想外過ぎてハマるわ!!!!!!


さすが河原和音先生。

少し高校デビューっぽい作品なのかな?と最初は思ったけど

全く別物の作品として進んでいる。本当に神ってます。

俺!物語もそうだったけどこの方の作り出すストーリーは本当に面白い。

ストーリーが河原和音先生だとついつい読んでしまいます。


今回はちょっぴり桐山くんにガッカリというか腹立たしいというか…残念に思っちゃいました……(桐山くんはそんなつもりなくても)そこで許嫁と親密そうにしていてののかが去っても追わないって……

というかあの場面はののかが大事な話があるって戻ってきたんだから

2人になれる場所に移動するとかさーーー元許嫁に帰ってもらうとか何とかしてくれよぉぉぉぉって思っちゃいました……

漫画のタイトル"素敵な彼氏"というのは桐山くんが素敵な彼氏になっていく過程を見ていてほしいのかな?なんて思ったりもしました。



そしてタイミング合わない事を許嫁に言われた通り納得しちゃうという(今月号で一番ショックなシーン)……………………


受け身過ぎる。傷つくのが怖いのかしら?

どんな生い立ちか分かりませんが受け身過ぎやしませか………トコトン自分の本音をズバっと言わない(言えない)頑なさに何かトラウマ的なモノがあるのか、とすら思えてしまう^^;


そりゃ本気の恋愛が出来ないわけだ。私はその事に納得してしまった。

そういう人は大事だと思った時には時すでに遅し!!にならないと分からないのが人生の常ですね分かります。


そして最後にののかは翔平くんの元へ………



個人的にはこの後ののかと翔平くんが付き合うのか付き合わないのか分かりませんが

正直どっちでもありかなと思います。

付き合うのならののかは翔平くんを大事にする決意をしそうだし(そうしてほしいし)桐山くんはののかを失って気付きそうな感じが。

付き合わないなら恋愛を封印してほしい。


ののかが恋愛恋愛でいっぱいいっぱいになっているのが見ていて辛いです…。

最近はののかのほわほわした幸せな雰囲気もなく

常に苦悩していて重い展開に………読者にここまでシンクロさせる先生の手腕も本当に凄いですね!神ってる。


正直恋愛初心者にこの展開って相当過酷のような…………頭パンクしちゃってませんかね^^;

私の勝手な解釈では、カウントダウンイルミを桐山くんとお互い大好きになって一緒に見る

がこの物語の最大のテーマなのかなって思うので

それまで紆余曲折しそうです。

近くに越してきた元許嫁さんって桐山くんの学校に来るんじゃないのかな?

そしてまた事態が動きそう。

翔平くんとののかと桐山くんと元許嫁でWデートとかありそうww

そしてこのままじゃ当て馬感が否めない翔平くんは最終的に元許嫁さんとくっつくのかな?


なーんて妄想を爆発させています。


でもののかには高校デビューのはるな(漢字忘れた…)とは随所で違いがありますね!

はるなはとにかく猪突猛進で多分こんな事ではめげなかった。

出来る事を出来る限りやる、後悔しないように突き進むスポ根感満載でしたが…

乙女なののかはそうはならない。

完全なる女子なので、元許嫁を見たら引いてしまうのね……………いや、女子なら気持ち分かるし告白しようと意気込んで戻ったら美人の元許嫁と一緒で親密そうとか私でも引くわwww

多分桐山くんの恋愛上級者感に引いてしまったのかなって思います。必死こいてる自分が惨めというか。

しかも美人な元許嫁付き。タイミング合わないって嘆くのはののかの方では……。

超恋愛初心者っていうのもきっとののかの中では引っかかっているんですよね。

翔平くんが慣れてる感じなのも気にしていたし、自分ばかりが初心者で…っていうのを気にしているのが伝わってきます。

初心者だからこその勢いがほしいところだけど

漫画のようにそう上手くいかない女子の乙女心を本当に素晴らしい具合に表現しているなと感嘆しますね。先生神ってる。

ののかは桐山くんにも指摘されてますが、自己評価があんまり高くないので「恋愛初心者、特に美人でもない、男子とお話する経験値もない、男友達もほぼいない」というのが根底にあるので

元許嫁と一緒をいる桐山くんを見たら自分の出る幕はないなって感じたんだろうな…



きっと桐山くんも桐山くんなりに頑張っていたんですよね。

例え体調を悪くする事になってでも助けに行った女の子だし、彼なりの告白………でもタイミングが合わない。

桐山くんのキャパも超えてしまったのかな、体調も悪いし心が疲れてしまったのかも。

そして多分彼はののかが自分に惚れたら、絶対自分から告白してくれるだろうと踏んでいたのかな、と思います。

ののかは純粋だし、例え桐山くんがののかを好きになっても告白させたい感じがヒシヒシとしますね。

だから自分を好きになるように行動した。

一見ズルい感じもしますが

何となく…………………桐山くんも愛に飢えている感じがして切ないです。

好きになってもらいたい。

相手から求められたい。

それはきっと桐山くんが経験してきた恋愛が

相手から引かれてしまったからそう思うのかな。

寂しいですね。

えりはもそうでしたもんね…自分を信じてもらえない、試されて引かれてしまう寂しさ。

純粋なののかなら信じてぶつかってくれるんじゃ…そうなってほしい……って思ったのかな。

この先桐山くんのそういう部分(常に受け身で来る者拒まず去る者追わず)が改善されずにののかの勢いで付き合う事になったら

一度破局しそうな感じもしなくもない。

途中で必ず無理が生じてくるものだから…


なーんて事をぽやぽやと考えていました。




桐山くんが体調回復してバイトに行ったら店長に

「桐山くん休みの日、小桜さん物凄く頑張ってくれたよー助かったわ~」

とか何とか言われるのでは?

自分が休んでいた時のののかの事を聞いて揺れる桐山くん……のような感じで。

タイミング合わない、で片付けていいのか?

色々思い出してほしい、自分の中でのののかという女の子の存在を。

元許嫁と話していてもののかと重ねて揺れてる桐山くんも見たい(ただの願望)

とにかくののかの事を考えてののかの事で頭がいっぱいの桐山くんくださry


次号はどうなるんだろーーー翔平くんにも幸せになってもらいたいしののかと桐山くんにもくっ付いてほしいし!!!!><

翔平くんには申し訳ないけど

一度は翔平くんとののかにラブラブになってほしい気持ちもあります//////////

翔平くんの為には付き合わない方が良いんだけど

翔平くんを大事にするののかを見たいというか…だって翔平くん、ののかの事好きだよね?

一度は両想いになってほしいというか……立て続けに振られてちょっと可哀想ww

まぁ長い目で見たら付き合わない方が彼の為なんですけどね。

ののかにそこまで翔平くんを拒める気力が残っているのか

はたまた、また翔平くんが桐山フリーなんだからちゃんと告白しよう!って背中押すのか…

でも勝手な私の妄想ですが

もし翔平くんに告白の背中を押されても今のののかは無理だと言うんじゃないかなと。

気持ちが疲れちゃうよね、これだけ努力が報われないと。桐山くんもお互いに。

しばらく距離置く形になるんじゃないかな……あーー次号が怖い…



そして私の本当に本当に勝手な妄想で願望込みのもう一パターンは…


ののかが翔平くんと付き合う事を決意して翔平くんを大事にしようと覚悟を決める。バイトで一緒の時に桐山くんにこの前言いたかった事って何?と聞かれ「今までありがとう。桐山くんのおかげで彼氏も出来た。桐山くんにはヒマ潰しだったのかもしれないけどとても楽しかった。もう大丈夫だから元許嫁さんとお幸せに。」と笑顔で桐山くんに別れを告げるののか。桐山くん衝撃、撃沈。


という妄想を悶々としていますw

桐山くんにはこのぐらいの衝撃が必要なんじゃないかと。

ののかもこのぐらいスッパリ桐山くんと離れないとこの先、自分の本当の気持ちに気付けない感じがします。


でも次号が単行本に収録の最終話なので

もしかしたら急展開があるかも!?!?

この漫画はこの先いくらでもストーリーを分岐させる事が出来そうで、正直先が読めません!!!!www

アオハライドのように付き合うまでが長いのか…でも付き合ってからの桐山くんのデレが見たーーーーい!!!!!!!!

桐山くんのデレは相当殺傷力抜群のハズなので//////////////////////

ののかと同じ心境になって読みたいんですお願いします先生(必死)

もしくはえりはがガツンとののかに言っても良いかもしれない。

ののかはエリハに、試すような事をしないで直接聞けば良かったじゃん!とか啖呵をきっていたのでw


「あんたの本音をちゃんとぶつけてこい」

って背中を押してほしいなぁーー



桐山くんにはエリハの彼の方が、良い感じに伝わる言い方が出来るのかも。

前回の、本気かどうかが分からないんだよ、って本当に素晴らしい的確な指摘でしたwwww




はぁぁぁぁぁぁぁぁぁここまでハマるとは思いませんでした。


次号も本当に楽しみ!!!!


ここまで読んでくださってありがとうございます!

そして乱文長文、妄想爆発で失礼致しました^^;

タラタラと語り過ぎましたな……

ではまた次号..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。





ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

[ 2016/11/14 01:13 ] 別冊マーガレット | TB(-) | CM(0)
アクセスランキング
いつも応援ありがとうございます。 今日も1クリックお願いします♪


[ジャンルランキング]
本・雑誌
282位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マンガ雑誌
22位
アクセスランキングを見る>>
TweetsWind


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。