FC2ブログ

マニアックな趣味BLOG

漫画とゲームなしで生きられないタブルさんの日記<心の叫び>*:..。o○☆゚・:,。*

とりかえ・ばや43話感想(月刊flowers3月号)

今回は感想を書かずにはいられませんね!!!!!!

コミックス派の方にはネタバレになりますのでご注意ください。

そして個人の勝手な妄想や見解がとても込み入っていますので、そちらもご注意を!!!












四の姫のお話がまとまって良かったーーー!!!!!


一話でどう終わるのかがとても想像がつきませんでしたが……子供の一言で決まりですね!!


「ととさまじゃ!」


これで全て良しなんじゃないでしょうか;;

子供にとってはどんな父親でも父親には代わりありませんよね。

右大将はそれを分かっていたから、石蕗との結婚をすすめたんですよね……四の姫と子供の幸せはそこだと。

二人が寄り添って子供をしっかり育てていってほしいです。

どうか石蕗がもう道に迷いませんように!!!!><


そしてそしてついにーーーーーーーーー帝と沙羅のターンがきますね!!!!!ヒャッホイ!!!!!\(^O^)/

あの左大臣が妻に耳打ちした内容ですが……

きっと「睡蓮の尚侍の入内をすすめたい。密かにすすめたいのだが取り持ってくれぬか?」

的な内容じゃないでしょうか………

でもでももしかしたら

「睡蓮の尚侍に会いたくて仕方ないのだ。宴に紛れて尚侍に会いたいから場を取り持ってくれ」という内容だったらどうしようーー?!

内談の内容ではないにしても宴の日にコッソリ帝が沙羅に会いに来そうな気がして/////////

確か原典?ではコッソリ帝が尚侍に会いにきて、眠ってしまった尚侍の寝床にコッソリ入っていくんですよね。

そしてコッソリ入ってきた相手が帝だと知り、抵抗しても無駄だってなって帝と結ばれるので……

今はオリジナルな流れですが、そこで合わせてきたりしてーーなんて。


左大臣邸で花の宴が開かれるのは決まっていたみたいですしね。

左大臣には帝は沙羅に惚れてるってことはそれとなく言ってそう。

でも帝は自分から入内を取り消したので、また入内させようとは公に言えないんですよね。

だから内談という形で密かにすすめたいんだと思うなー。

既成事実を作ってしまえばこっちのもの!的な雰囲気を感じる←

密かに話を進めつつも沙羅に会いたくて仕方ない帝とか見たい……切ない葛藤を描いて下さいお願いします!!!!!!(^p^)


帝も呼び戻すとか言っておきながらーーーーー///////

いや、呼び戻すというのも女御としてって思っていたのかも……とか思ってしまう///////

帝のお手付きになればまた話は別ですしね!!!!

やっぱり沙羅の蟄居は帝にとっては好都合だったんだなと思えて仕方ないです……予想通りだよ!!!!!

そんなに沙羅が好きなのね/////


いやしかし最後の終わり方からして、どう解釈すればいいのかしら。

私は四の姫にバレてもいいと思ってる人間なので、どうぞそのままバレて下さいと言いたいんですが……予測がつかない。

そのまま何らかの形でバレて四の姫と仲良くなる→話してる内容を密かに来ていた帝に聞かれバレる??

それとも四の姫と仲良くなる為の描写なんだろうか?



左大臣邸で四の姫と会う、というところは前回の感想の予想通りだったりしますwwwどうした私wwww


沙羅が四の姫と友達でいたそうだったので…バレてもいいんじゃないかと思うんだけどなーーーさいとうちほ先生は皆が幸せになる展開を考えてくれてそうなので。


そこに石蕗が現れたら面白いですけどね!

四の姫と共に来ているだろうし

「あれは双樹だ!!親友の俺が言うんだから間違いない!!!!」

四の姫「落ち着きなさい!!!!(^Д^)⊃彡)゜з゜):;*.\':;」とかいってご乱心してるのを帝が見ててもいいんですけどww

ああああああああ早く帝と沙羅のラブラブシーンが見たいいいいいいいいいいでも多分次の次の5月号なんじゃないかな……いきなり次号でラブラブはない気が…願望は沢山ありますけども!!!!

ちょうど5月号までが9巻だと思うのでーーーさいとう先生はコミックスの収め方が非常に上手いですからね!

うおおおおお?!!ってところで終わりそう(^p^)


きっと右大将の蟄居中のお話は、沙羅と帝のターンが終わってから来そうな感じがします。

そうじゃないと読者のモヤモヤが収まりません!!!!←


2人のラブラブシーンが見たいんですよおおおおおおお


帝と沙羅がくっついたら右大将のターンも心置きなく安心して見れますしね(なんて自己中なんだ…)

沙羅がご懐妊!!!!ってなったら右大将の蟄居中の話を何話かやっていただき

右大将の方が落ち着いたら沙羅が男児出産→右大将が呼び戻される→沙羅と帝の男児が新東宮に→女東宮は引退で右大将と結ばれる

でいいんじゃないでしょうか(^q^)

勝手なストーリー展開すみません!!!!(^Д^)

もうこうだといいなという願望ですので><





まだまだとりかえばやが楽しみで仕方ないです!!!!!



というほぼ心の叫び的な内容でした。

スミマセンww

ではでは……☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°






ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

スポンサーサイト



[ 2016/01/29 00:42 ] とりかえ・ばや(本誌)感想 | TB(-) | CM(0)

きかんしゃトーマスTVシリーズ(感想)「トーマスとあかちゃん」

いつも閲覧、訪問ありがとうございます^^

最近徐々にランキングも上がってきて感謝感謝であります!

こんなマニアックなブログに来ていただき……懲りずに足を運んで下さると嬉しいです//////


では今回は日曜日に放送だった、きかんしゃトーマスの「トーマスとあかちゃん」というお話の感想になります。

見ていない方にはネタバレになりますのでご注意下さい!






この回は本当に世の育児をしているママたちは、胸が熱くなった回なのではないかな?

あかちゃんを電車に乗せることに対しての世間の冷たい目

でもあかちゃんって乗り物に乗ると本当に寝てくれるんですよね……車が運転出来ればまた違うのかもしれませんが。

寝不足であかちゃん乗せながら運転も危険だな、とふと思ってしまったり。

たぶんこのお母さんはもう切羽詰った状態で乗ってきているので、本当に見ていて痛々しかったです……

最後にはあかちゃんと一緒に寝てしまっている姿に胸が締め付けられました。

私自身育児経験ありなのですが、ここまで酷い状態にはなりませんでしたから…

トーマスたちも頑張ったね!!!!!

こんなきかんしゃがあったら素敵だなーーー//////

あかちゃん専用列車とか…wwwwママたちに大人気になりそう(^p^)

最後のトップハムハット卿も!!!

こんな風にサラっと休暇与えられる上司って素敵だと思います。

でもこの人の休暇によってまた忙しくなる従業員が出てきてしまう現実ですので……きっとトップハムハット卿は何もしなさそうww

会社の制度自体が動けば一番良いんですけどね!

でも海外ではあまり育休に対してキリキリとした目を向けられないんでしょうなーー日本くらいですよね…こんなに育休取るのに気を遣うのは。

父親でも数ヶ月取れる国もありますもんねー。

とにかく最後は心温まる終わり方でジーンとしました///////

アニメに現実世界を重ねてはいけない、と思いつつ……トーマスたちにホッコリさせていただいた回でした^^


今週も素敵でした!!!!!

また来週の日曜日が楽しみです\(^o^)/


ではでは、おやすみなさい!






ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

[ 2016/01/21 02:27 ] きかんしゃトーマス | TB(-) | CM(0)

きかんしゃトーマスTVシリーズ(感想)「やまのむこうがわ」

いつも閲覧、訪問ありがとうございます^^


今日は一週間のお楽しみ!ときかんしゃトーマスのTV放送がありました!!!!

朝からご機嫌でしたよ、ええ……


まずは今回は一話分だけ

「やまのむこうがわ」というお話(声ジョン・カビラ)



ソドー島には線路が走っていない場所があるんですねーー!!

それはトーマスたちにとっては見たくても見れないわけですし、もどかしいだろうな……

でもきっとタイトルを見る限り、トーマスは見れるんだろうなーーでもどうやって見ることが出来る展開になるのかな

と見ていたところ……なんとトーマスの暴走wwwwww

まあそれしかないですよねwwww

それかどこかに突っ込んで、レスキュー隊に救助されて空を飛ぶ時に見れるとかそんな展開かなって思ってましたww

滝に虹がかかっていて…という話を聞いて普通に滝があって水しぶきで虹が出来ているのを想像していたのですが

なんとオチは

森の中に滝があって虹がかかっているイラストの看板だった

っていうwwwwwwなんてこったいww(^p^)ww

そりゃトーマスには想像もつかないわけだwwwww

でもトーマス達は虹が出る原理までは知らないようで滝に虹がかかるってことはありえないって思ってるんだろうなって感じました。

まぁトーマスたちきかんしゃは子供のような存在として書かれているので仕方ないかなと^^

良い意味で裏切られた回でしたねーー!!


機関庫に皆勢ぞろいしているシーンも見れたし♪

満足満足!


というわけで「やまのむこうがわ」というお話の感想でした(声ジョン・カビラ)


次回は「トーマスとあかちゃん」について感想を述べていきたいと思います♪

こちらも個人的に良いお話でした(ノω`*)



ではでは……







ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

[ 2016/01/18 01:04 ] きかんしゃトーマス | TB(-) | CM(0)

きかんしゃトーマスTVシリーズ(感想)「パーシーをきゅうしゅつせよ!」

いつも閲覧、訪問ありがとうございます(*´ω`*)



今回は「パーシーをきゅうしゅつせよ!」の感想になります。


私の大大大好きなパーシーのお話\(^O^)/


とっても期待しながら見ていたんだけど最初の方で撃沈しました………////////

パーシー可愛すぎ////////

レスキューセンターのお仕事が1000回になるということで、記念式典がある為市長さんを客車に乗せて

その客車をパーシーが引いて走る、という名誉あるお仕事を任されたパーシーなのですが

どうやら市長さんを乗せて走ることよりも記念式典での写真撮影で

写真が新聞に掲載されるということでそっちに夢中…………


一生懸命顔のイケポーズを練習しているパーシーwwwwwwww顔がwwwwww崩壊しているよwwww



そんなところも可愛すぎるパーシー\(^O^)/

パーシーは声も大好きです♬


しかし写真に写りたいディーゼルがパーシーを騙して自分が写真に載ろうとします。

パーシーは騙された古い石切場のぬかるみにハマって動けなくなる……

が、しかしディーゼルは写真に写ることに失敗。

写真にはレスキューセンターのメンバーのみと追い払われる(^q^)残念!!!!!!wwww


結局ディーゼルはパーシーがいる場所に来て、一緒に水溜まりにハマって動けなくなり

そこにレスキューセンターのメンバーが助けに来て

念願の写真を撮られるディーゼル……なんとこれが記念すべき1001回目の救助活動wwww良かったねディーゼルwwwwww


まさかこんなオチとはwwww



でもパーシーは騙されたのに

ボクを助けにきてくれたじゃないか!とディーゼルに感謝します。

パーシーに感動しました!!!!ますます好きになったよ!!!!

パーシーは何でも信じやすくて騙されやすいけど

すぐに許すことも出来る素晴らしいきかんしゃなんですよね(*´ω`*)


パーシー大好きです☆.。.:*・°




はぁぁぁぁぁぁぁ面白かった!!!!\(^O^)/

永久保存版です!!


明日はまたTV放送があるのでーー楽しみです!!!!

徐々に感想書いていきたいと思います♬



では今回はこの辺で……・:*+.\(( °ω° ))/.:+

ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

[ 2016/01/17 00:10 ] きかんしゃトーマス | TB(-) | CM(0)

ドラゴンクエスト30周年プロジェクト発表会情報!!

いつも閲覧、訪問ありがとうございます^^

昨日の発表会で新たな情報が次々と出てきましたね!!(≧∇≦)




まずは速報ですが、PS4,PS3,PSvita用ソフト『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』は、ドラゴンクエストシリーズが30周年をむかえるその日、2016年5月27日(金)に30周年記念タイトルとして発売決定!!!!!!\(^O^)/

マジかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ┏( ^o^)┛

PS3でも発売してくれるなんてっっっっ嬉しすぎる;;;;

これは買うしかないか…………



あとドラゴンクエストミュージアムが今年の夏に開催されます!
30年の歴史をすべて詰め込んだ新感覚の体験型イベントらしく、まだ少しの情報しか出せていませんが2月15日にすべて発表となるようです!!!!

でもきっとこっちではやらないんだろうな……飛行機乗らなきゃダメな系な気がする><

厳しい~~~~!!


そしてそして待ちに待ったドラゴンクエスト11情報ですが


2017年5月までに発売…かな!?wwww

堀井雄二「30周年のうちに…」↓↓↓

<ドラゴンクエスト30周年プロジェクト発表会情報まとめ>


んーーー微妙ですねwwwwwwww

順調に進んでいるんだろうけど、どうなるか分からないから濁した感が(^q^)

でも来年中には出るだろうし楽しみにしますかな!

新年早々嬉しいニュース、ありがとうございました!!!!


ではでは♬

ブログランキングに参加中!皆様の応援が更新の励みになります。
日記・ブログ

[ 2016/01/14 19:01 ] ドラゴンクエスト11 | TB(-) | CM(0)
アクセスランキング
いつも応援ありがとうございます。 今日も1クリックお願いします♪


[ジャンルランキング]
本・雑誌
1587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マンガ雑誌
99位
アクセスランキングを見る>>
TweetsWind